【Mac・PC活用】2020年MacOS Lion その3:Chromeの不具合解消とその他カスタマイズ ※備忘録 2020-12-03

投稿日: 作成者: ussy

MacOSをさらに使いやすいように各所をカスタマイズしていきます。

  1. キーボード問題
    個人的な問題なのですが、Macキーボードを利用してるときはさほど問題なかったのですが、この私の環境は事情によりWindowsキーボードを使わなければならず(Windowsマシンと兼用している)OptionキーやCommandキーが見当たらない。しかも親指変換も効かないぞ。まずい。
    とりあえずCommandキーはCapsLockキーに割当しのぐことにする。

    1. 「システム環境」ー「キーボード」ー「装飾キー」の画面で書き部分を変更
    2. ショートカット関連
      1. ソフトを終了する
        Command+Q
      2. 窓を最少化する
        Command+H Hideの意味か?
      3. 漢字変換
        ※Windowsキーボードを使っている為少々面倒な行為をしている
        Winキー+Spece
        ※Google日本語入力を使用できないのが痛い・・・
    3. Chromeの設定 ※ちらつきがなくなったので現状使えるブラウザ1位です(自分の中で)
      画面がちらつくので下記を設定する
      設定画面の下の方に「システム」「ハードウェアアクセラレーション・・・」があるのでこのチェックを外す。
    4. Chromeが使えるようになったので、Office365にアクセスできるようになった。※Chromeのバージョンは低いがアクセス可能
      https://www.office.com
      もちろんOneDriveもOK
      https://onedrive.live.com
    5. 現状のよく使用するアプリ
      こんな感じでまとまりました。
      用途別にブラウザを使い分けているのでブラウザ数多いです。

      Xcodeの左横のアイコンがLibreOfficeです。
      Chrome経由でMSOfficeが使えるので今後使用頻度は低くなるかもしれませんが、Baseというデータベースも有している使えるオフィスソフトです。
      MS買えない時これを使っていました。

【まとめ】
Web関連の作業はLionだけでもできそうな感じです。
あとは画像加工がデフォルトのプレビューでは少し使いにくいのでこの調査と印刷、スキャナ周りの接続ができれば大体この初代MacProでも大体の作業ができるかな。