【ACCESS独学日記】Study010 クエリ:データ抽出を学ぶ。パラメータークエリ(ユーザーがダイアログボックスで入力した値で抽出する)

クエリの学習4日目です。
今日もデータの抽出で、パラメータクエリを学習します。

【目的とするクエリ】
ダイアログボックスに表示される値を入力するとそれにあったデータを抽出してくれるクエリ

  1. ホームのクエリデザインを開きます。※前回と一緒です
  2. ここも前回同様、テーブルの追加からテーブルをドラックアンドドロップ
  3. テーブルが表示されました
  4. 全ての項目を選択
  5. フィールドをデザイングリッドにドラックアンドドロップする
  6. デザイングリッドの抽出条件に
    [品質区分を入力して下さい]
    を入力する。
  7. 「表示」をクリック
  8. 品質区分の値を入力するようダイアログボックスが開きます。
  9. 品質区分に「A」を入力します
  10. 品質区分「A」だけのデータが表示されました。
  11. さらに販売店住所で下記の抽出条件を入力します。
    Like “*” & [住所の一部を入力して下さい]&”*”
    ※*はワイルドカードで全ての文字の代わりです。(詳しくはテキスト参照)
  12. 先程作成した「品質区分」のダイアログボックス表示後次の画面が表示されます。
    ワイルドカードを利用した抽出条件にしてあるので、住所の一部で抽出されます。
  13. 品質区分が「A」かつ「販売店住所」に(東京)が含まれるレコードが抽出されました。


【まとめ】
パラメータークエリはとても便利だと思いました。
マクロやVBAなどを使わずにデーターベースで抽出ができるので使えそうです。

【使用している参考書】
※このブログは私自身の勉強の記録ブログなので自分がわかっていることは省きながら進めています。故に抜け漏れが多いです。きちんと学習したい方は基本テキストを準備して学習されることをおすすめします。

図が多く、説明が丁寧でしたので下記を参考にさせて頂いています。

できるAccess 2019 Office 2019/Office 365両対応 できるシリーズ

新品価格
¥1,960から
(2020/10/19 09:11時点)