Raspberry Pi (Raspbian) ラズベリーパイの画面を常時表示したい

投稿日: 作成者: ussy

VNCで接続しているが、ディスプレイの画面は常にみたいので、常時表示を試みる

ターミナル画面を起動

  1. スーパーユーザーとなり下記を実行 ※sudo apt-get install ・・・・でもOK

    root@raspberrypi:/home/pi# apt-get install xscreensaver
    パッケージリストを読み込んでいます… 完了
    依存関係ツリーを作成しています
    状態情報を読み取っています… 完了
    以下の追加パッケージがインストールされます:
    libauthen-sasl-perl libdata-dump-perl libencode-locale-perl
    libfile-listing-perl libfont-afm-perl libglade2-0 libhtml-form-perl
    libhtml-format-perl libhtml-parser-perl libhtml-tagset-perl
    libhtml-tree-perl libhttp-cookies-perl libhttp-daemon-perl libhttp-date-perl
    libhttp-message-perl libhttp-negotiate-perl libio-html-perl
    libio-socket-ssl-perl liblwp-mediatypes-perl liblwp-protocol-https-perl
    libmailtools-perl libnet-http-perl libnet-smtp-ssl-perl libnet-ssleay-perl
    libtimedate-perl libtry-tiny-perl liburi-perl libwww-perl
    libwww-robotrules-perl perl-openssl-defaults xscreensaver-data
    提案パッケージ:
    libdigest-hmac-perl libgssapi-perl libcrypt-ssleay-perl libauthen-ntlm-perl
    fortune gdm3 | kdm-gdmcompat qcam | streamer xdaliclock xfishtank
    xscreensaver-data-extra xscreensaver-gl xscreensaver-gl-extra
    以下のパッケージが新たにインストールされます:
    libauthen-sasl-perl libdata-dump-perl libencode-locale-perl
    libfile-listing-perl libfont-afm-perl libglade2-0 libhtml-form-perl
    libhtml-format-perl libhtml-parser-perl libhtml-tagset-perl
    libhtml-tree-perl libhttp-cookies-perl libhttp-daemon-perl libhttp-date-perl
    libhttp-message-perl libhttp-negotiate-perl libio-html-perl
    libio-socket-ssl-perl liblwp-mediatypes-perl liblwp-protocol-https-perl
    libmailtools-perl libnet-http-perl libnet-smtp-ssl-perl libnet-ssleay-perl
    libtimedate-perl libtry-tiny-perl liburi-perl libwww-perl
    libwww-robotrules-perl perl-openssl-defaults xscreensaver xscreensaver-data
    アップグレード: 0 個、新規インストール: 32 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
    2,596 kB のアーカイブを取得する必要があります。
    この操作後に追加で 8,879 kB のディスク容量が消費されます。
    続行しますか? [Y/n] y

  2. デーモンを起動しスクリーンセーバーの設定を行う

    初回右の矢印のようにデーモンを起動しますか?の画面が表示されるのでOKを押して起動
    あとは左矢印のブランクになるまでの時間を適度に変更してあげれば完了