USBケーブルから5Vの電源を取る

投稿日: 作成者: ussy
0 0
Read Time:34 Second

電気工作で乾電池を使って大きい電流を取得していますが、電池は消耗するので+5Vを取るためUSBケーブルを改造して供給出来るようにしてみました。

  1. 不要になったUSBケーブルを準備

    今回使うのはこれです。
    先端が曲がって使えなくなったものを使用します。
  2. ケーブルを切断し、中の芯線を取出す
  3. 芯線を剥く(細すぎて結構大変)
    芯線を剥きますが、ワイヤーストリッパーでも向けないくらい細い。
    ニッパーで慎重に剥きましたが、かなり手こずりました。
  4. 剥いた芯線の導通を確認します。


    向かって一番右が+5Vで左がGND(-)です。
    テスターで剥いた配線との導通を確認します。

  5. 5VとGND線をハンダで結線します。

    他の余った線はビニールテープでまとめて巻いておきます。

これで電池の残量を気にせず電子工作ができそうです。
電圧ちょっと高めだけど^^;

About Post Author

ussy

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %