【PC活用】RaspberryにUbuntuServerを入れてWebServerを構築する 【実現できず】その2 UbuntuServer20.04LTSでGUI(Xubuntu)を使えるようにする。→一応立ち上がったが動作がもっさりしている。原因不明 → ラズパイ3から4に変更したらサクサク動いた。

【最終目標】
最終的な目的は自宅サーバーを立ち上げて公開する。

【目的】
ホスティングサービスは費用がかかり、さらにPHPのバージョンが低い場合がある。またデータベースも限られていて、試験的なことがやりにくい。最近のCMSを試したい為、環境を構築する。

【今回(その2)の目標】
・UbuntuServer20.04LTSにXubuntu環境を入れる。
※軽いと言われているLubutnuとXubuntuで迷ったが、Xubuntuを選択。

  1. 前回のコンソール画面で「sudo apt-get install xubuntu-desktop」を実行
  2. これからがいや長い・・・これを全部インストールするのか。

    もはや呪文・・
    「y」を選択して継続。
  3. 途中DisplayManagerを聞かれますが、デフォルトでいっか。

    そのまま継続
    インストールが始まりますがやっぱりすぐには終わらなそう。流石に寝ます。一晩はかかりそうだ。
  4. 朝になって確認したら終わっていた。
  5. 一応再起動かけますか。
    パスワードを聞かれるので入力してエンターキーを押すと再起動がはじまります。
  6. 再起動後の画面
  7. Ubuntuクリックして、次の画面でパスワードを入力して進む
  8. その後入りますが、動作はかなりもっさりしている
  9. なかなか帰ってこないので、一度シャットダウンし、マイクロSDカードをラズパイ4に入れて動かす。
    サクサク動くようになった。
  10. 次に日本語環境にします。
    右上のメニューから「settings」を選択
  11. 言語の項目をクリック
  12. ※以降動やったか忘れました・・・ 備忘録 ※画像の記録だけ・・・
    1. 終わったら再起動。再起動後に下記画面がでるのでお好みで修正。
    2. こんな感じで日本語化できた。
      ※雑で大変申し訳ございません。
  13. あと適当なファイルマネージャーがみあたらなかったのでソフトウェアインストールで下記をインストール。
    昔使っていたノーチラスが懐かしいなぁ。

 

【まとめ】
とりあえず環境は整ったかな。
次はいよいよ自宅サーバー構築に向けて各種サービスをインストールします。
しかしサーバーごときにラズパイ4を使うのはかなり惜しい気がする。やっぱPCで運用するかな・・・