【修理・Mac】とある調べ物をしていたら「グラボをオーブンで焼いて修理する」というキーワードが気になりググってみると・・・

投稿日: 作成者: ussy
0 0
Read Time:40 Second

結論から言うとグラボを焼いたら治りました♪・・信じられない。

但しオーブンで焼くような勇気は私にはありません。
アルミ箔に包まれたグラボが200度のオーブンに2分間投入されたり、温度あげられたり、長く焼かれたり・・・

そんなことは私には出来ません。

で、頭に浮かんできたのが先日購入したヒートガン。
大活躍だな♪

 

MR: MoToNa 300W ヒートガンミニ 小型軽量 熱風機 エンボスヒーター 乾燥 剥離 塗料適用

価格:2,642円
(2021/3/9 19:53時点)
感想(0件)

 

発生している症状

セーフティモードにすると症状が一部おさまりますが、ブラウザなどは画像が乱れます。

 

分解手順は以前のブログを参照してください。
http://u-style.info/2021/01/23/%e3%80%90mac%e6%94%b9%e9%80%a0%e3%80%91imac-2009-27%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%81%e3%80%80macpro%e7%94%a8%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%a4%e4%bb%a3%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%ab/

  1. 上記分解点順を参考にして表面の硝子と液晶部を取り外す。
  2. 今回修理した機種
  3. 赤線部分がグラボです。
  4. 赤丸部分と写真には写っていないのですが矢印の部分のネジを外します
    合計4箇所
  5. グラボ本体はこれで取り外せますが、線が一本くっついているので取り外します。

  6. また、取り外す時にこの線を傷つけないように気をつけます。
    ※この線は取り外さなくてもグラボは取り外せます。
  7. グラボ
  8. 下記矢印部のネジを外します
  9. 下記ボルト4箇所外します
  10. 外した画像。
    部品はなくさないように一箇所にまとめておきます。
  11. ばらした状態
  12. 続いて2箇所ボルトを外します。
  13. これでグラボだけになりました。
  14. 熱くなるので、何かの台の上にのせます
  15. 2分間矢印部を炙ってみました。
  16. 再びグラボを取付けて動作確認しましたが症状は変わらず。
    ※壊れないかかなりビビってます。
  17. もう一度外して今度はグラボの各部品に30秒づつ当てながら全体を炙りました。
    ※ここではもうこわれてもいいやという思いで当て続けました。
  18. もう一度取付けると
    なんと!!!治った・・・・
    信じれませんが治りました。めでたしめでたし

About Post Author

ussy

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %