RaspberryPi演習記錄2 -LEDの明るさ調節

投稿日: 作成者: ussy

今日はLEDの明るさ調整の演習を行います。
これができるということは出力をアナログ調節できるということで、広範囲に応用ができそうな技術です。
テキストはいつも通り下記を使用します。

電子部品ごとの制御を学べる! Raspberry Pi 電子工作実践講座

新品価格
¥2,728から
(2020/3/29 08:13時点)


今日の演習はP75-P77まで

【可変抵抗を使った演習】
プログラムは不要でP75の図のように回路を組みます

※可変抵抗が大きいものしかなくP75の図とかなり違っています^^;

以上で可変抵抗を使った演習は終わりで、これからプログラムで可変抵抗に代わる仕組みを作っていきます。

  1. 準備 ※前回同様

    1. ラズベリーパイ本体 今回はモデル3使ってます。
    2. LED 1個
    3. ブレットボード 1個
    4. 配線 2本(赤と黒にしてみました)
  2. 組立 ※前回同様
  3. プログラム作成
    ラズベリーパイにインストールされている「ThonnyPythonIDE」を使用
    ※メニューから→プログラム→ThonnyPythonIDEで起動下記を入力

    import wiringpi as pi
    import time

    LED_PIN = 23

    pi.wiringPiSetupGpio()
    pi.pinMode(LED_PIN,pi.OUTPUT)

    pi.softPwmCreate(LED_PIN,0,100)
    pi.softPwmWrite(LED_PIN,50)

    time.sleep(100)

     

     

  4. 実行
    IDEのRUN(実行)をクリックしプログラムを実行

    ちょっと分かりづらいですが、明るさが暗くなりました。
    ※変化をつけるため出力を50→20に変更しています。

  5. プログラム2作成
    明るくしたり、暗くしたりするプログラム

    import wiringpi as pi
    import time

    LED_PIN = 23

    pi.wiringPiSetupGpio()
    pi.pinMode(LED_PIN,pi.OUTPUT)
    pi.softPwmCreate(LED_PIN,0,100)

    while True:
    value = 0
    while(value < 100):
    pi.softPwmWrite(LED_PIN,value)
    time.sleep(0.1)
    value = value + 1

    while(value>0):
    pi.softPwmWrite(LED_PIN,value)
    time.sleep(0.1)
    value = value -1

     

  6. 実行結果

    LEDが明るなったり、暗くなったりします。