RaspberryPi演習記錄7 -マイクロスイッチ演習

投稿日: 作成者: ussy

今日はマイクロスイッチの演習です。
マイクロスイッチは小さなスイッチで、銀色の板が何らかの力(例えばドアの開閉)で押されたときにスイッチONを検出します。

オムロン(OMRON) SS-10GL13 形SS超小形基本スイッチ (ヒンジ・アール・レバー形) (高耐久性) NN

新品価格
¥205から
(2020/5/9 14:35時点)

テキストはいつも通り下記を使用します。

電子部品ごとの制御を学べる! Raspberry Pi 電子工作実践講座

新品価格
¥2,728から
(2020/3/29 08:13時点)


今日の演習はP108-P111まで

  1. 準備
    1. ラズベリーパイ本体 RaspberryPi Zero使用
    2. マイクロスイッチ 1個
    3. 配線 2本
  2. 各図は下記の通り
    1. 配置図
    2. 回路図
  3. プログラムは次の通り
    import wiringpi as pi
    import time
    SW_PIN = 4
    pi.wiringPiSetupGpio()
    pi.pinMode(SW_PIN,pi.INPUT)
    pi.pullUpDnControl(SW_PIN,pi.PUD_DOWN)
    count = 0
    while True:
            if(pi.digitalRead(SW_PIN) == pi.HIGH):
                time.sleep(0.1)
                count = count + 1
                print (“count:” , count)
            while (pi.digitalRead(SW_PIN) == pi.HIGH):
                time.sleep(0.1)
            time.sleep(0.1)
  4. 実物写真
    今回ハンダを使用し長い線を作りました。※後で利用予定です。
  5. 実行結果
    マイクロスイッチが押されるとカウントが1つずつ上がっていきます。。
  6. 総括
    今回のマイクロスイッチを学習したことで、今後扉の開閉状況を知ることに活かせます。
    防犯システムを作りたくて、扉が開いている間ブザー、7セグなどで警告し、さらに動画をとるというものを検討してます。
    ブザーあたりは簡単にできるかな?