RaspberryPi演習記録8 -ADコンバータ(アナログ入力)演習

投稿日: 作成者: ussy

今日はADコンバータの演習です。
ADコンバータの学習とボリュームを接続して値の取得を演習します。
ADコンバーター

Analog to Digital Converter – MCP3002

価格:484円
(2020/5/16 16:54時点)
感想(0件)

 

HiLetgo・ 65pcs 電子部品バッグ 100Ω-1M 青い白い水平可変抵抗バッグ 横型調節可能 13種類 各種5pcs [並行輸入品]

新品価格
¥650から
(2020/5/16 17:06時点)

テキストはいつも通り下記を使用します。

電子部品ごとの制御を学べる! Raspberry Pi 電子工作実践講座

新品価格
¥2,728から
(2020/3/29 08:13時点)


今日の演習はP116-P130まで
※一部飛ばしました^^;

  1. 準備
    1. ラズベリーパイ本体 RaspberryPi Zero使用
    2. ADコンバータ MCP3002 1個
    3. 半固定抵抗10K 1個
  2. 準備2
    1. ライブラリのインストール ※必要に応じて

      apt-get install python-spidev

    2. raspi-config ※備忘録的でメモ程度ですみません。
      1. 5Interfacing Options
      2. P4 SPI
      3. Yesで有効にする
    3. テキストのサポートページからライブラリmcp_adc.pyを入手しプログラムと同じディレクトリに配置する
  3. 詳細
    1. 配置図
    2. 回路図
      ※今回はナシ
  4. プログラムは次の通り

    import wiringpi as pi
    import time
    import mcp_adc

    SPI_CE = 0
    SPI_SPEED = 1000000
    READ_CH = 0
    VREF = 3.3

    adc = mcp_adc.mcp3002( SPI_CE, SPI_SPEED,VREF)

    while True:
    value = adc.get_value( READ_CH)
    volt = adc.get_volt (value)
    print ( “Value:” , value, “Volt:”, volt)

    time.sleep(0.1)

  5. 実物写真
  6. 実行結果
    抵抗機のボリュームを変更することで数値が変わります。
  7. 総括
    今回のADコンバータを学んだことで、今回使った可変抵抗器をセンサーなどに変更することで様々なデータが扱いやすく取得できそうです。