RaspberryPi演習記録15-熱源を検知する集電赤外線センサー演習

投稿日: 作成者: ussy

今日は集電赤外線センサーを使った熱源を利用した人や動物の検知演習を行います。使用するセンサーは下記の通り。(類似品)

HiLetgo・ 3個セット HC-SR501人体赤外線感応モジュール 人体の赤外線の感応器 [並行輸入品]

新品価格
¥800から
(2020/6/28 08:59時点)

私は下記のセットの中にあったセンサーを使いました。

OSOYOO(オソヨー) Raspberry Pi 学ぶ電子工作キット 初心者演習用パーツセット ラズパイ11実例 回路配線図とサンプルスケッチ有り プログラミング ラズベリー パイ 超入門 スターター学習キット LED制御 スイッチ I2C LCD 温湿度センサー マイクロサーボ 人体感知センサー A/Dコンバータ ブザー 大気圧センサー リレーモジュール制御 赤外線リモコン等IoTを実践する電子部品セット (Pi 3 DIY Kit 22in1)

新品価格
¥2,989から
(2020/6/28 09:02時点)

テキストはいつも通り下記を使用します。

電子部品ごとの制御を学べる! Raspberry Pi 電子工作実践講座

新品価格
¥2,728から
(2020/3/29 08:13時点)


今日の演習はP173-P176まで

      1. ラズベリーパイ本体 RaspberryPi Zero使用 1台
      2. 集電赤外線センサー 1個
      3. 配線 適量
    1. 詳細
      1. 配置図

        ※上記図実際のものとは異なります(赤外線センサーの代わりに別センサーの図を使っています)
      2. 回路図
      3. プログラムは次の通り

      4. 実物写真
      5. 実行結果


        センサーに手を近づけると表示が変わります。

    2. 総括

今回のテーマも今後使えそうです。
部屋の前につけて誰かが来たことを知らせるセンサーや防犯対策としても使えそうです。家では犬を飼っていますが、時々悪さをするのでこの防止策に使えないかと思案中です。