RaspberryPi演習記録16-フォトリフレクタ演習

投稿日: 作成者: ussy

今日はフォトリフレクタを使用して物体の接近検知演習を行います。
光の反射を利用して検知しています。
実験では数センチ近づいたところで反応しました。
ドアの開閉やメカのセンサーとして利用ができそうです。
テキストはいつも通り下記を使用します。

電子部品ごとの制御を学べる! Raspberry Pi 電子工作実践講座

新品価格
¥2,728から
(2020/3/29 08:13時点)


今日の演習はPP177-P183まで

  1. 準備物
    1. ラズベリーパイ本体 RaspberryPi Zero使用 1台

      Raspberry Pi Zero W – ヘッダー ハンダ付け済み – ラズベリー・パイ ゼロ W ワイヤレス

      新品価格
      ¥2,980から
      (2020/8/2 14:07時点)

    2. フォトリフレクタ 1個

      Letex フォトインタラプタ LBR-127HLD

      新品価格
      ¥125から
      (2020/8/2 14:07時点)

    3. 配線 適量
    4. 抵抗 適当

      OSOYOO(オソヨー)金属皮膜抵抗器 抵抗セット 10Ω~1MΩ 30種類 各20本入り 合計600本 (600本セット)

      新品価格
      ¥989から
      (2020/8/2 14:08時点)

      1. 配置図
        今回なし
      2. 回路図
        今回なし
  2. プログラム
    import wiringpi as pi
    import time
    PIR_PIN = 23
    pi.wiringPiSetupGpio()
    pi.pinMode(PIR_PIN,pi.INPUT)
    while True:
        if(pi.digitalRead(PIR_PIN) == pi.HIGH):
            print(“インターラプター ON.”)
        else:
            print(“インターラプター OFF.”)
        time.sleep(1)

  3. 実際画像
  4. 実行結果

    センサーに手を近づけると表示が変わります。

  5. まとめ

プログラム中に「インターラプター」と表示していますが、リフレクタの間違いです。^^;
今日実験したフォトリフレクタや、その他フォトインターラプターを使うことにより活用範囲が広がります。これらのセンサを感知したときに写真をとるとか、メカにセットし、感知したときに停止する、等の応用ができそうです。